万が一に備えた火災保険

マンションの火災保険

マンション火災保険を活用する

マンションでは設備に不具合が出るような万が一に備えて火災保険に加入する必要があります。トラブルとして多いのが水漏れです。洗濯機のホースが外れてしまい、下階へ水漏れしてしまい被害をもたらしてしまうこともあります。また、給水設備の劣化も多いです。給水設備の場合には、マンションの管理規約によって管理組合に責任があるか個人に責任があるか異なりますが、多くの場合には個人に責任があります。このような場合にも、下階の家財に被害を与えた分の損害額を火災保険でまかなうことができます。また、もちろんマンション内でのトラブルにより、自分の家財が被害を受けたときにも保険を使用することにより損害額をまかなうことができます。自分の家財が被害を受ける場合も水漏れが多いですが、盗難、突風などでも損害額か下りる可能性があります。このような場合には、保険会社、もしくはマンションの管理会社へ損害額が下りるかどうか問い合わせてみましょう。このように、マンションでは火災保険に加入することにより、様々な場合の万が一に備えることができます。家財に被害を与えた場合、被害額が数百万円となることも珍しくはありません。そのため、必ず加入するようにしましょう。

↑PAGE TOP